ご希望の保険会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト保険会社リサーチ

保険会社情報

生命保険と損害保険の違い



生命保険と損害保険は、ともに私たちにとって身近な存在であり、生活していく上で便利なものです。どちらも保険という名前が付いていて、将来の不測の事態に対応するための金銭的な備えという意味で両者は共通していますが、その中身は大きく異なっています。こちらでは、生命保険と損害保険の違いについて見ていきます。

保険の対象が違う

保険の対象が違う

生命保険は第一分野と呼ばれる保険で、人間の命を対象としています。死亡保障が一般的で、中には病気やケガによる入院や通院時に給付金が支払われる生命保険もあります。損害保険は第二分野で、物に対する保険です。契約者が所有する物が事故や災害などにより損失を被った場合、また、それにより他者に損害を与えた場合に保険金が支払われます。身近な例では、自動車保険や火災保険などが挙げられます。つまり死亡したり病気になったりした場合に、本人や家族の生活を保障するのが生命保険で、何かの損害が生じた場合にその損失部分を補償するのが損害保険です。「保障」と「補償」、読みは同じですが、意味が異なる点にも2つの保険の違いが表れています。

保険金の受け取りに関する違い

生命保険では、必ず1回は保険金を受け取ることになります。それは契約者が亡くなったときです。通常は契約者が被保険者となりますが、死亡した場合、契約者は保険金を受け取れないので、契約者とは別の受取人(多くの場合は遺族)に対して保険金が支払われ、契約者が亡くなれば、保険金の支払いをもって保険契約は終了します。損害保険は、生命保険と違って保険金の支払いは1回とは限りません。保険期間中に保険金の支払われる事例が発生しないこともあれば、逆に2回以上発生することもあります。保険料を支払っていれば、保険金の支払い回数に制限はありません。損害保険は物に対する保険であるため、保険金の受取人は契約者の場合と他者の場合があります。損害を受けた物の所有者に対して保険金が支払われます。

保険金の金額の設定が違う

生命保険では、死亡時に受け取る保険金の金額が契約の時点であらかじめ決まっています。つまり、保険金の金額に合わせて月々の保険料が決まる仕組みとなります。一方の損害保険では、保険金の支払額は、契約金額か損失の金額のどちらか低い方となり、契約時に決めるのは、保険金の上限額です。基本的に事故や災害に遭遇したあとで、損失の金額を算定してその分だけ支払われるのが損害保険です。