ご希望の保険会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

保険の玉手箱
保険会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

保険会社情報

定期保険とは(1)



定期保険とは「掛け捨て保険」とも呼ばれ、生命保険のうち保障期間を契約時に定め、契約終了時の返戻金のないものを言います。期間は1年から15年といった短期のものから、50年から80年のような長期に及ぶものもあります。ここでは、定期保険の特徴や種類を紹介します。

定期保険の特徴

定期保険の特徴

定期保険は貯蓄性がほぼないため、貯蓄性のある保険と比較して保険料が安いのが特徴です。ただ、保険期間が長期に及ぶ場合、責任準備金(保険会社が保険契約上の支払いの責任を履行するために必要な資金として準備する積立金)が積み立てられるため、一定の貯蓄性が生まれます。

定期保険の契約者が法人、または個人事業主の場合、保険料の一部が損金、あるいは必要経費として計算できる場合があり、事業承継の手段として用いられることがあるため、長期の定期保険の契約者には法人や個人事業主が多い傾向が見られます。

保険期間が1年から15年といった短期の場合、ある年齢に達するまでは、被保険者の当時の健康状態にかかわらず、契約満了時に同じ期間で保険を更新できるものが多くなっています。この場合、保険料は更新時の年齢で計算することになりますが、一般的に年齢が上がる程死亡率が上昇するため、それに伴って保険料は増加します。特に1年から5年程度の短期保険は、自然保険料(毎年の危険率をもとにして1年ごとに計算される保険料のこと)の増加曲線に沿った形で保険料が増えていくことになります。

定期保険の種類

定期保険には、平準定期保険、逓減(ていげん)定期保険、逓増(ていぞう)定期保険があります。また、終身保険や養老保険、アカウント型保険などの特約としてセットで加入する方法もあります。この一部を紹介します。

平準定期保険
普通定期保険とも呼ばれ、契約時の保険金額が契約満了時まで変動しないのが特徴です。
逓減定期保険
契約時の保険金額から年々減少していくのが特徴です。子供の養育費用、住宅ローン(団体信用生命保険等)等からの借入金といった、責任や債務の減少にそって保険金額を減らすことができるため、標準定期保険に比べ合理的だと判断される場合もあります。保険料は標準化されて一定であるため、初期のうちは平準定期保険よりも保険料が割安になっています。
逓増定期保険
契約時の保険金額が年々増加していくのが特徴です。逓減定期保険と同じく保険料は平準化されているため、初期のうちは平準定期保険より割高となりますが、期間の末期には割安となります。また、責任準備金が積み立てられる形になり、ある程度の貯蓄性を有するため、事業承継のために利用されることもあります。

定期保険の新しい形

定期保険の新しい形として、保険金を年金形式で受け取れるようにしたものも見られるようになりました。平準定期保険の保険金を、10年や15年といった期間を決めて一定額受け取るものと、保険期間満了時まで毎月または毎年一定の保険金を受け取れるもの、この二つが代表的です。