ご希望の保険会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト保険会社リサーチ

保険会社情報

医療保険とは



医療保険には、国の公的医療保険と、民間保険会社が扱う保険制度があります。民間保険会社の医療保険とは、公的な国民保険や社会保険での制度では補いきれない、長期入院や手術による高額医療費の請求に対応する保険です。民間保険会社へ保険料を毎月納め、有事の際には保障内容に応じ、保険会社からの給付を受け取ることができる制度です。医療保険などの民間の保険は基本的に任意の加入になりますが、今や多くの家庭が加入しています。

医療保険の種類

医療保険の種類

日本は、国民皆が保険制度に加入する国であり、市町村の国民健康保険の他に、企業への就職と同時に加入する社会保険があります。それ以外にも、民間の保険会社の医療保険に加入する家庭も多く、民間と国の保険では目的や支給の基準が異なります。

公的な医療保険

日本の国民は、基本的に生まれたときから亡くなるまで、国民保険や社会保険、その他の組合保険などの公的医療保険に加入しています。公的医療保険では、病気やケガで治療が必要になれば、保険証を提示することで、全国の病院で治療が受けられ、医療費は3割の自己負担で治療を受けることができます。長期の入院や、最新の技術など、保険適用外の治療も中にはありますが、ほとんどの治療に対して、医療費の減額が保障されているのです。日本のように国内の全国民に対して医療費の負担額が3割とされている国は多くはありません。こうした意味では保険制度の充実した国であると言えます。

民間の医療保険

一方、民間企業が行なう医療保険は、すべての医療機関での治療が受けられるという内容ではなく、公的な医療保険では補いきれない高額の医療費を請求される際に、加入者に対し民間保険会社から保険金が給付される制度です。保険金の給付に関する条件は、各保険に加入する際に、保険会社と加入者の合意によって決められます。そして、約款所定の入院や手術など、契約で定められた支払条件を満たしたときにのみ、現金の給付が受けられるものです。

公的医療保険と民間医療保険加入方法の違い

国が行なう社会保障である公的医療保険と、民間企業の商品である医療保険には、加入する際にも大きな違いがあります。公的医療保険は、基本的に日本国民であり、保険料を支払う者であれば加入でき、その保証は扶養家族全体が対象になります。一方で民間保険会社の場合、持病を持つ人や、現在治療中の病気があるなど、健康状態が良くない人は加入できず、高齢になる程保険料が高くなるなどの制約もあります。一度加入すると、保障内容は原則として変わらないのも特徴です。