ご希望の保険会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト保険会社リサーチ

保険会社情報

がん保険とは



様々な保険会社が、がん保険を扱っています。がん保険の対象や受け取ることのできる給付金、加入するメリットやデメリットについて紹介します。

がんの保険の対象とは

がんの保険の対象とは

がん保険は、原則としてがんと診断された場合にのみ、給付金が支払われる民間の医療保険を言います。がんは、悪性新生物とも言われます。保険契約によっては、がんと同様に、上皮内新生物も保障を受けられる場合もありますが、給付金が減額される場合や保障の対象外の場合もあります。上皮内新生物は、腫瘍が上皮細胞と間質細胞の間にまだとどまった状態であり、基底膜を越えて細胞へ腫瘍が浸潤しておらず、理論的には転移の可能性がありません。

がん保険の給付金

がん保険の主な給付金について、見ていきましょう。加入するがん保険によって、保障内容や給付金の名称が異なります。

診断給付金
がんと診断されたときに支払われます。支払いは1回に制限されている場合がほとんどですが、一度がんと診断されてから、一定期間経過後であれば、再度支払われる保険契約もあります。
入院給付金
がんの治療を目的として、入院したときに支払われます。ほとんどの保険契約において、日数が無制限です。
手術給付金
がんの手術を受けたときに支払われます。手術の種類によって、固定額が決められている場合が多くあります。
退院給付金
がんで一定期間入院後、退院したときに支払われます。
通院給付金
抗がん剤治療や放射線治療などでの通院に対して支払われます。
先進医療給付金
がんの先進医療治療を受けたときに支払われます。先進医療は、健康保険が適用されず、自己負担となります。先進医療にかかわる保障は、多くの保険契約で特約となります。
死亡保険金
がんで死亡したときに、支払われます。死亡保障は、他の保険でまかなうことが多く、付帯していないこともあります。

がん保険のメリットとデメリット

メリット
がんは、他の疾病に比べて、再発などによって治療が長期に渡ることや、先進医療など自己負担による治療を行なうことが多いため、多額の治療費用を必要とします。多くの医療保険では、1回の入院や同一疾病による入院日数に制限がありますが、がん保険では、がんと診断された段階で診断給付金が受け取れますし、無制限に入院日数に応じた給付金を受け取ることができます。比較的安価な保険費用で、安心して治療を受けることができます。
デメリット
がんに特化した保険ですので、がん以外の疾病では、保障を受けることができません。一般的に、加入後3ヵ月間も待機期間として、保障を受けることができません。