ご希望の保険会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

保険の玉手箱
保険会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

保険会社情報

所得補償保険とは



「所得補償保険」とは長期間の就業ができなくなった場合に備えた保険です。病気やケガが原因で長期間働けなくなってしまったときに、医療費や生活費など様々な費用を補う保険内容となります。

収入保障保険との違い

収入保障保険との違い

所得補償保険と収入保障保険とは名称が似ていますが、実際は互いに補完的な関係にある別の保険です。

普通の病気やケガでも保障される

所得補償保険の場合、死亡、高度障害にならなくとも普通の病気やケガで就業が不可能とみなされれば保険金を受け取ることができます。ただし、死亡や高度障害のときはこれに該当しないので保険金は受け取れません。

保険の目的

収入保障保険は残された家族の生活費に充てる資金を用意するためのもので、「所得補償保険」とは保険の目的が異なります。保障される内容は、対象が被保険者の死亡または高度障害状態となっており、普通の病気やケガによる就業不能では保険金を受け取ることはできません。

医療保険との違い

所得補償保険と医療保険は病気やケガで保障される部分は似ていますが、契約内容が大きく違います。

入院しなくても就業不能で保障される

医療保険は入院を必要としない病気やケガの場合にはあまり役立ちませんが、「所得補償保険」の場合は入院しなくとも就業が不可能と判断されれば保障されます。普通の病気やケガによる入院や手術であれば、医療保険に入っていれば対応できますが、医療保険はあくまでも入院や手術の費用を保障するもので、生活費は自身で用意しなくてはなりません。目的に応じて組み合わせる必要があります。

どんな方に向いている保険か

職業によって所得補償保険によってカバーできるメリットの大小があります。

会社員と自営業の比較

会社員であれば、健康保険組合から傷病手当金がもらえる場合もあります。しかし、自営業や個人事業主の方などは傷病手当金がもらえる制度がないため、所得補償保険によってカバーするメリットが大きいと言えます。

加入時に必要になる条件の検討

健康体料率特約、賠償責任特約といった特約もあるため、よく検討し自分に合ったものを選びましょう。告知審査や免責期間などがあるため加入時に確認が必要です。また、精神疾患は補償対象外となっているのが一般的です。

生命保険料控除も利用できる

所得補償保険は就業が不可能になった場合の損害を補てんするものであり、損害保険的な性質が強く、厳密には生命保険とは言えないものの生命保険の一種とみなされます。そのため生命保険料控除の対象になっています。年間で支払った保険料に応じて所得税や住民税が減額されます。