ご希望の保険会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

保険の玉手箱
保険会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

保険会社情報

養老保険とは



養老保険は、保険期間内に死亡した際には死亡保険金が、満期まで生存していても満期保険金が支払われるものです。生きていても死亡しても保険金が支払われるということから、生死混合保険と呼ばれることもあります。貯蓄と保険をかね備えているというのが特徴で、貯蓄型の保険として認知されています。また、高度障害時に高度障害保険金という形で受け取ることもできます。預貯金よりも保険の方が心理的に解約しにくいことから、死亡時の死亡保障を最低限確保しつつ、積み立てをしたい方に向いています。

定期預金、定額預金との違い

純粋に貯蓄目的であれば、定期預金、定額預金などで積み立てることも可能ですが、養老保険の場合は「保険」の性質として死亡保険金が付いている点がメリットになります。保険料の払込み途中で死亡した場合でも、満期保険金と同額を受け取ることができます。保険料の支払いは、毎月払い、年払いなどの有期払と、契約時に全額を支払う一括払いとがあります。一括払いのほうが利回りは良いですが、全額支払ってしまうので、当然ながら、保険機能のメリットは減り、貯蓄機能を重視したものになります。いずれにしても、終身保険や定期保険と比較した場合保険料は割高になります。

積み立てる通貨と特約について

保険会社各社が様々な商品を取り扱っており、外貨で積み立てる商品や各種特約が付いている商品などがあります。

外貨建ての養老保険について

外貨建ての場合、円高の際には、外貨建ての養老保険のメリットが大きくなるなど為替差益がポイントになります。為替差損によって損をすることもあるのでその点は注意が必要です。

養老保険の特約について

養老保険のなかには、医療保障などの特約が付いているものもあります。医療保障などの保障部分は掛け捨てになるので、元本割れする可能性があります。元本割れというのは、受け取れる額が、支払った額より少なくなってしまう状態のことです。例えば、すでに別の保険に加入していて、純粋に貯蓄目的で養老保険に加入する場合には、元本割れしないか、余分な特約は付いていないか等を確認する必要があります。

法人契約の場合

法人契約の場合、退職金等の財源として福利厚生の一環で利用できます。法人が契約者になり、役員や従業員を被保険者、満期保険金の受取人を法人、死亡時保険金の受取人を被保険者の遺族とすることで従業員の万一の事態に備えることができます。また、会社が支払った保険料の2分の1は資産計上、残りの2分の1は経費にできるため、節税できるメリットがあります。