ご希望の保険会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト保険会社リサーチ

保険会社情報

年金保険とは



老後の生活費等の資金を準備するために、公的年金だけでは足りない部分を自助努力で補う必要がありますが、一般的な方法が個人年金を用意するというものです。個人年金保険料控除を利用することで、所得税と住民税を軽減することが可能です。

個人年金を作るというと、広い意味では、投資信託や国債の購入などを含めていう場合がありますが、ここでは個人年金保険に限定して説明します。

「終身年金」「確定年金」

「終身年金」「確定年金」

個人年金保険には、「終身年金」「確定年金」「保障期間付終身年金」「外貨建年金」「変額年金」などがあり、保険会社各社でいろいろな商品が取り扱われています。ここでは、「終身年金」と「確定年金」の基本の2つのタイプを説明します。これらを理解することでその他のタイプもそれらのバリエーションとして理解できるからです。終身年金は生存している限り一生涯年金がもらえるタイプです。一方で、確定年金は5年、10年など決まった期間、支給されるタイプです。もらえる期間で考えた場合、終身の方がお得な気がするかもしれませんが、終身年金の保険料は非常に高く設定されているため、平均寿命を超えて長生きしなければ損をする可能性が高いという実情があり、確定年金の取り扱いの方が多いです。

「保障期間付終身年金」「外貨建年金」「変額年金」

「保障期間付終身年金」では、保証期間中は生死にかかわらず年金を受け取ることができ、その後は被保険者が生きている限り、終身にわたって年金が受け取れるタイプの保険です。保証期間中に被保険者が死亡した場合には、残りの保険金を遺族が受け取る形になります「外貨建年金」は、保険会社が外貨で運用するため円での受取額が為替によって変動するタイプのものです。円建てに比べて利回りが高いのが特徴です。為替の動向によっては損をする場合もあること、為替手数料も発生することも考慮する必要があります。円高から円安に大きく振れる場合にはメリットが生かせます。「変額年金」は、保険会社の運用実績によって年金額や返戻金が変動する保険のことです。

養老保険との違い

老後の資金を確保するのが目的であれば、養老保険でも同じように貯蓄は可能ですが、返戻率は悪くなります。返戻率というのは、支払った額に対する受け取る額の割合のことです。例えば、支払った保険料総額の110%の年金が受け取れる場合、返戻率は110%ということになります。長期的な貯蓄機能に関しては、個人年金は養老保険より優れた商品です。ただし、個人年金保険は、死亡時には、それまでに払い込んだ保険料に相当する額しか受け取れません。死亡保険金を期待するのであれば、収支のバランスを考えながら、終身保険や養老保険を活用する形になります。