ご希望の保険会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト保険会社リサーチ

保険会社情報

変額個人年金保険とは



個人年金保険は生命保険の一種で、被保険者が死亡すると保険金が支払われ、それ以外の場合は年金を受け取ることができます。ここでは、個人年金保険のひとつで、投資型年金保険とも呼ばれる変額個人年金保険について紹介します。

特別勘定で運用する

特別勘定で運用する

保険会社は積立金を特別勘定の投資信託で運用するため、次のような特徴があります。契約前に内容をよく確認しましょう。

積立金額が変動する
投資信託の運用実績によって積立金額が変動するため、死亡保険金、年金、解約返戻金の金額が変動します。契約応答日ごとに死亡保険金額を見直す商品もあります。
複数の投資信託で運用できる
日本債券、日本株式、外国債券、外国株式など、特別勘定は資産の種類や投資地域が異なる複数の投資信託で構成されています。多くの保険では、どの投資信託で何割運用するかを選択できます。運用する投資信託の変更をスイッチングと言い、一定の回数までは無料です。
商品によって最低保証がある
商品によっては、年金原資または年金受取総額が支払った保険料を下回らないという最低保証が付いています。最低保証がない商品では、特別勘定の運用成績によっては、年金原資や年金受取総額が支払った保険料を下回るケースがあります。

保険料と年金

保険料の支払い方法と年金の受け取り方法についてご説明します。ライフプランに合わせて年金を選びましょう。

一般的な個人年金保険

保険料を契約時に一括で支払い、据え置き期間満了後に年金支払いが開始されます。据え置き期間満了前に手続きをして、契約時に決めた据え置き期間を延長できることが多くあります。年金の種類として確定年金や保障期間付終身年金を選択できます。確定年金の期間は5年、10年、15年、20年などで、もっと長いものもあります。1度に受け取る年金額が一定の金額を下回ることになる年金の種類は、多くの場合選択できません。特に手続きをしなければ、契約時に決めた年金の種類で受け取ることになります。据え置き期間満了前に手続きをすれば年金の種類を変更でき、また一時金で受け取ることもできます。

その他の個人年金保険

早期受取型の個人年金保険では、運用期間中に年金を受け取ることができます。積立型の個人年金保険では、据え置き期間中に保険料を積み立て、据え置き期間満了後に年金支払いが始まります。

手数料と控除

据え置き期間中は保険関係費や運用関係費がかかり、年金支払期間中は年金管理費がかかります。一定期間内に解約すると解約控除が差し引かれ、商品によっては契約時に手数料がかかります。