ご希望の保険会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

保険の玉手箱
保険会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

保険会社情報

疾病保険とは



疾病保険とは、保障する疾病を特定している保険商品です。女性特有の疾病に対応する女性保険などもその一種です。よく知られているものでは、日本人の死因として挙がる「がん」「急性心筋梗塞」「脳卒中」の三大疾病のリスクに対応する「三大疾病保険(特性疾病保険)」があります。先進医療保険としても知られ、保障プランも保険会社や保険の種類によって様々です。ここでは疾病保険について紹介します。

疾病保険の対象

 疾病保険の対象

「三大疾病保険」は疾病保険の中でも特に各保険会社が力をいれている商品となります。三大疾病とは、悪性新生物のがん、急性心筋梗塞、脳卒中(くも膜下出血や脳内出血など)の3つの病気を指します。この病気にかかった際には、一時金として保険金を受け取れる他、万が一死亡した場合、高度障害にかかった場合でも、死亡保険金や高度障害保険金を受け取ることできます。

定期タイプと終身タイプ

疾病保険は通常の医療保険と同じく、定期タイプと終身タイプに分かれます。定期タイプはある一定期間だけ保障が約束されるタイプの保険で、終身タイプは一生涯の保障が約束されるタイプの保険です。それぞれ保障期間、月々の保険料などが異なり、メリット、デメリットがあるため、自身のリスクと経済状況のバランスを見て決める必要があります。

三大疾病保険を選ぶ際のポイント

三大疾病保険を選ぶ際のポイントとして、保険期間、指定代理請求制度、リビングニーズといった点があります。定期保険で更新が続くものでは、更新時に年齢に応じて月々の保険料が上昇するため、経済的負担が大きくなる傾向にあります。終身タイプが良いのか、定期タイプが良いのか、定期タイプであれば更新は何回か、など自身のライフプランに合わせて検討する必要があります。また、指定代理請求人制度という制度もあり、これは本人に病気のことを伝えない場合に、指定された代理人が保険金を請求できる制度です。三大疾病はその症状の重さから被保険者本人がすべての状況を把握できないケースもあるため、事前に代理人を立てるかどうかも検討する必要があります。また、リビングニーズ特約も重要な観点で、これは「余命が6ヵ月以内」と判断されたケースに死亡保険金をすべて(または一部)が生前に給付される特約です。特約を無料で付けられる疾病保険もありますので、総合的な観点で家族や自身のライフステージに合わせて保険プランを決定することが重要になります。