ご希望の保険会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

保険の玉手箱
保険会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

保険会社情報

女性保険とは



女性保険とは、その名の通り女性特有の病気(子宮がんや乳がんなど)に特に手厚い保障が付与される保険サービスです。通常の医療保険に加えて、特定の病気にかかったときに特別な手当が給付されるため、保障内容に対して月々の保険料が安い傾向にあります。

女性保険の概要

女性保険の概要

従来の保険制度では、一般的に男性を対象として設計されている傾向にあり、女性特有の細かな問題や、不安を解消できるような保険制度がありませんでした。そうした背景から、妊娠や出産、子宮や卵巣などにかかわる病気やがんを対象として、女性疾病特約が付与された保険が作られました。

女性保険の種類

女性保険には、通常の医療保険同様、「定期タイプ」と「終身タイプ」があります。定期タイプは10年間、20年間と保険の期間が決まっているものを指し、終身タイプは一生涯に亘り保障されるものを指します。定期タイプは一定期間の保障になり保険料が安くなるというメリットがありますが、保障がない期間のリスクがあります。終身タイプでは合計の保険料は高くなりますが、その分リスクが減ります。

女性保険の保険料の目安

女性保険の保険料は、入院時の日額給付金の多寡によっても変動します。日額給付金は5,000円または10,000円のケースが多く、月々の保険料の目安は2,000円から8,000円と幅があります。各社の保険料の平均は3,000円程度になります。

女性保険の対象と選ぶ際のポイント

一言に女性保険と言っても、各保険会社によって対象としている病気の種類が異なっており、それによって保険料が変わります。乳がんや子宮がんといった、女性特定疾病にかかった際の保障はもちろん、子宮外妊娠といった出産にかかわる病気を保障する女性保険もあります。自身がどこまで保障を受けたいかを考えたうえで、加入する保険を検討するのが良いでしょう。また、ライフステージによっても必要になる保障の内容が変わります。独身の20代の女性であれば、女性疾病以外の手厚い保障はそれ程要らないと判断されるため、シンプルな保険プランにして良いでしょう。結婚後、妊娠前の女性であれば、将来の妊娠時のリスクに備えて、保障範囲が広い、充実した保険プランにした方が良いと言えます。出産後、共働きやシングルマザーなど、仕事の内容や生活の状況によっても想定すべき事項が変わってきます。自分の人生のリスクと保険料、そして保障内容のバランスで選択していく必要があります。