ご希望の保険会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト保険会社リサーチ

保険会社情報

自動車損害賠償責任保険
(自賠責保険)とは



自賠責保険の略称で広く知られている自動車損害賠償責任保険は、自動車損害賠償保障法によって車を所有するすべての人に加入が義務付けられている強制保険で、その多くは車検時に車検料金と共に支払うのが一般的な方法です。その事務は各損害保険会社や農協、生協などの共済組合が執り行なっていますが、自賠責保険に係る補償内容は同じです。

補償対象

補償対象

交通事故の被害者を補償する目的で創設されています。ここでいう被害者とは、運転手と運行供用者以外を指しており、一般的には運転手が負傷しても自賠責保険の補償は受けられません。補償は過失割合に関係なく、加害者側の自賠責保険から補償がされます。ただし過失割合が70%を超える場合は、重過失減額として補償割合が20から50%減額されます。この補償対象はあくまで人のみなので、物損事故や破損した車の修理費などを賄うには、別途任意保険に加入する必要があります。

補償内容と保険料

被害者一人当たりの補償は、傷害による損害120万円、死亡による損害3,000万円、後遺傷害による損害4,000万円と上限が設けられており、各々支払い基準に基づいて支払われます。また、保険料は、沖縄県と離島以外の地域では車種と加入期間により一定の保険料額が定められています。ここでは、おさえておきたいいくつかの用語を紹介します。

政府保障事業(自動車損害賠償保障事業)
ひき逃げなど加害者不明の事故や、自賠責保険に未加入の車が加害者の場合に、政府が加害者に代わって自賠責法の基準に準じた金額を被害者に立替払いします。後日、政府は加害者に立替分を求償します。
仮渡金
治療などで早くお金が必要な被害者に対し、必要な費用を保障より早く賄うことができる制度です。被害の程度により金額が変わり、その額は一定です。
NASVA(ナスバ)
交通事故被害者の総合相談窓口の略称。法律や金銭的な相談に対し、適切な相談窓口を案内します。

自賠責保険に未加入で運行した場合

自賠責保険に未加入の車輌を走らせると、事故を起こす起こさないにかかわらず、1年以下の懲役か20万円以下の罰金が科せられます。また、無保険で運転することは交通違反であり、6点減点で免許停止となります。

自賠責保険に未加入で事故の加害者となった場合

被害者が受け取るべき自賠責賠償額を全額自己負担します。もし、任意保険に加入していたとしても、任意保険から支払われるのは自賠責保険が補償する額を上回る額のみです。また、加害者が自己負担できず、被害者が政府補償事業より損害のてん補を受けた場合、政府は加害者に対しこのてん補分を求償します。この弁償をしなければ、政府は裁判所に損害賠償請求訴訟を起こし、判決ののち金品などの差し押さえなど強制執行されます。