ご希望の保険会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

保険の玉手箱
保険会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

保険会社情報

自転車保険



自転車保険とは、個人で自分の生活を守るために加入する個人保障の保険の一種です。自転車保険には大きく分けて2つあります。ひとつは、自転車事故で自分が被害にあったときに補償される「自転車保険」と呼ばれるものです。そしてその「自転車保険」に加え、人や物に危害を加えた際の損害賠償に対しても補償されるのが「自転車総合保険」と言い、一般的にはこの2つを総称し自転車保険と言います。損害賠償とは、加害者が金銭等を支払うことで被害者をその損害をこうむる前と同等の状態にすることを言います。

運営団体

運営団体

自転車保険には、自転車に特化した公益財団法人やNPO法人、そして様々な保険を取り扱う損害保険会社運営の保険などがあります。こういった団体の中から自分にあった保険プランを選ぶことになりますが、すでに自動車保険などの別の損害保険加入者は補償内容が重なる場合もあり、自転車保険にさらに加入する際にはその補償内容を細かく見ていく必要があります。

補償内容

「自転車保険」の補償内容は、自分がケガや交通事故にあった場合の、死亡、後遺症、入院、通院にかかる医療費などの補償をしてくれる「交通傷害保険」があります。この補償範囲や補償額も各団体により様々で、入院や通院の医療費が含まれていないものなどもあります。また「自転車総合保険」の補償内容は、「交通傷害保険」に加え、自分が加害者となり損害賠償を請求された際にそれを補償してくれる「個人賠償責任保険」があります。こちらの補償額も幅広く5,000万円までのものや1億円までを補償してくれるもの、また自転車以外の損害賠償が補償されるものなど様々です。

比較方法

自転車保険を比較する際に目安となるのが、交通傷害保険の適用範囲や補償額、個人賠償責任保険の補償範囲や補償額、「本人型」「家族型」などの適用範囲や月々の支払額などです。交通傷害保険は、死亡から通院まで、どの範囲の補償と金額が必要なのかなどを考えて選びます。そして個人賠償責任保険では、自転車だけなのか、それ以外も含まれているものが必要なのか、さらに家族がいる場合は家族型、個人であれば本人型を選ぶなど、多くの保険プランの中から絞っていくことができます。

また、自動車保険などの損害保険は、特約と言ってその主な保険に付帯して個人賠償責任保険が付くものもあり、この保険加入者であれば特約を追加することで自転車保険をカバーすることもできます。

交通傷害保険の医療費としては、国の高額療養費制度というものもあり、そちらで十分な場合は自転車の交通傷害保険は必要ありません。高額療養費制度とは、病院や薬局で支払った医療費が、年齢や所得によって国が定めた一定の金額を超えた場合、その超えた部分が国から支給されるというものです。このように、様々な保険の中から自分のニーズにあった内容の保険を把握して加入することが必要です。