ご希望の保険会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト保険会社リサーチ

保険会社情報

賠償責任保険とは



偶然起きた事故で第三者に傷害を与えてしまったときや、所有物を損害させてしまったときに、保険加入者が負担する費用を給付する制度です。損害保険のひとつにあたります。様々な種類の保険がありますが、補償が認められる条件に共通しているのは、民法上の不法行為や債務の不完全な履行によって発生する損害に対して求められる賠償責任があることです。

各種賠償責任保険

各種賠償責任保険

賠償責任保険には加入者の対象が決まっています。個人が加入できるもので、ゴルファー保険やテニス保険といった、スポーツ中に起きた賠償責任が補償の対象になるのが個人賠償責任保険です。施設の所有者や建設工事を担当している業者が対象のものが一般企業向け賠償責任保険です。飲食店を例に出すと、提供した食べ物が原因で食中毒になってしまった場合に発生する賠償責任を補償します。

他にも旅館の経営やプロパンガスを取り扱う業者など、特定の業務に就く企業や団体が加入できる特定業務向け賠償責任保険、医師、公認会計士、弁護士、司法書士といった専門職業が加入できる専門職業人賠償責任保険、住宅メーカー企業が提供した住宅に機能の不備が見つかったときに適用される瑕疵保証責任保険があります。

広義の賠償責任保険

自動車保険のように、独立して販売されている保険は「広義の賠償責任保険」と呼ばれています。自動車保険以外の例を挙げると「運送保険」「航空保険」「船舶保険」「原子力責任保険」「機械保険の賠償責任特約」「組立保険の賠償責任特約」「建築工事保険の賠償責任特約」「労災総合保険」「ボイラー・ターボセット保険の賠償責任特約」などが該当します。

損害と補償の範囲

賠償先となる他人の身体や生命(Bodily Injuryを略してBIと表記されます)と、他人の財産となる所有物(Property Damageを略してPDと表記されます)が主な損害対象で、これらへ支払われる治療費や賠償金が補償として給付されます。サービス業務中に業者が怠慢によって顧客に損害を与えてしまったときは、過失怠慢賠償責任保険が適用されます。こちらは日本国外ではErrors and Omissions Insurance(略してE&Oと表記されます)と呼ばれ、一般的な保険となっています。一般企業向け賠償責任保険では、業者の怠慢による過失は補償対象外なので、この保険に別途加入する必要があります。なお、これは経済的な損害が主な補償対象で、BIのような身体や生命に与えた傷害に関しては保険金給付の対象外となることが多いとされています。専門職業人賠償責任保険も同様で、業務の中で他人が負った経済的損害が補償の対象となります。