ご希望の保険会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト保険会社リサーチ

保険会社情報

海上保険とは



損害保険のひとつで、海上を経路とした貿易や運輸の途中で積み荷が受けた損害を保障する制度です。船そのものを対象とした船舶保険と、運搬する貨物の被害を保障する貨物海上保険があります。

船舶保険の様々な種類

船舶保険の様々な種類

船の衝突や火災で被った損害を補償するものを普通保険と言い、それ以外にも様々な船舶保険があります。座礁するなどの海難に遭った場合は船舶不可道損失保険という保険があり、海上での紛争や暴動またはストライキなどに巻き込まれた場合は船舶戦争保険で補償されます。建造中の船が事故によって受けた損害を保障するものは船舶建造保険、船の修繕工事中に修繕者が船に損害を与えてしまったときはその損害を保障する船舶修繕者賠償責任保険があります。船の所有者や運航者が船に損害を与えてしまった場合の賠償をてん補する船主責任保険、契約していた船が稼働できなくなったことにより生まれる損失をてん補する新オフハイヤー総合補償保険などもあります。多種多様の種類があり、船そのもの以外も対象に入っており、事故によって失った燃料や食料にも適用されます。保険金を給付する際には、保険金直接受領申請書や修繕費見積書といった、損害や補償の必要性を証明する書類の提出が必要です。

貨物海上保険

積荷保険とも呼ばれます。貿易の際に船で運搬する貨物全般に適用される保険です。食料や原油、その他輸入、輸出品が該当します。この中でも、国間を渡航するものにかけられるものを外航貨物海上保険と呼びます。外航貨物海上保険は貿易形態によっては、手配することが義務付けられています。日本国内の沿岸・海域によって起きた貨物の被害に対しては内航貨物海上保険が適用されます。

貨物海上保険の担保種類と範囲

貨物海上保険には担保にいくつか種類があります。分損不担保は火災や衝突といった大規模な船の損害を補償します。Free from Particular Averageの略称であるFPAと呼ばれます。FPAは潮ぬれなどの部分的な損害は対象外ですが、分損担保はこのような部分的な損害も保障するため、農作物を輸入・輸出する際によく使われる担保条件です。With(Particular)Averageの略称でWPAとも呼ばれます。補償する範囲が最も広いものはオールリスクと呼ばれており、戦争やストライキといった行為による被害は対象になりませんが、潮ぬれのような部分的損害から船の大規模な破損といったものにも適用されます。

時間と共に重量や見た目に変化が見られる輸入品は補償の対象にはなりません。また、運搬物の梱包が不十分な場合や、船の移動の遅延によって生まれた損害も同様に補償されません。また、化学薬品や電磁波、放射性物質による被害も補償の対象外になっています。