ご希望の保険会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

保険の玉手箱
保険会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

保険会社情報

IT業務賠償責任保険



IT業務賠償責任保険とは、その名の通りIT業務を行なっている企業を助けてくれる保険の一種で、IT関連業者が自らの過失のせいで損害賠償責任を問われた際に補償をしてくれるのがこの保険です。IT業務の役割は現代において非常に大きく、インターネットを介してビジネスをすることは必要不可欠です。それに伴い情報システムやネットワーク事業を手がけるIT関連業者では顧客データの紛失、ウイルス感染、サイバー攻撃、管理しているネットワークのエラーなど様々な問題責任を問われており、そういった中で始まったのがこの保険です。

運営団体

運営団体

損害保険会社が企業向けに展開し運営している保険ですが、企業コンサルティング会社が損害保険会社の代わりに代理店をしていることが多いです。

IT業務賠償責任保険の被保険者

この保険に加入できるのは、IT関連業者及び子会社、そしてそこで働く従業員や派遣社員も加入することができるものもあります。IT関連業者とは、システム開発・保守・管理業、ITコンサルティング、インターネットコンテンツ配信サービスなど保険会社が挙げる条件に当てはまる業者であればこの保険の対象となります。

補償内容

基本は損害賠償請求されたときに補償をしてくれる損害賠償保険ですが、保険金が支払われるか否かは各保険会社によりそれぞれ細かく事例を挙げるなどして対象を提示しています。例えば支払われる対象としては、IT関連会社のソフトウェアにより顧客データを破損させてしまった場合や、運営している顧客サーバーを誤ってダウンさせた場合、顧客向け開発ネットワークシステムが欠陥商品だった場合、顧客から名誉毀損等で訴えられた場合などです。そしてその補償範囲は、損害賠償金の支払いの他にも弁護士費用、裁判を申し立てる際に必要となる争訟費用、示談交渉費や相談費、損害に対する応急的に発生する費用やデータ復旧費など様々です。これらの費用が基本保険か特約の範囲か、そしてどのような費用を補償してくれるかは各保険会社によって異なります。特約とはオプションのようなもので、基本の保険に付帯して付けられる保険のことを言います。このIT業務賠償責任保険は、決まった型のない百人百様のトラブルが起こるIT業務であること、そして対企業の保険ゆえに、条件や補償範囲が細かく設定されているところが特徴です。

個人情報漏洩賠償責任保険

IT関連業者では、個人情報の漏えいも大きな問題のひとつです。特約でIT業務賠償責任保険に付帯して「個人情報漏えい賠償責任保険」を付けられるものや、これだけを別途単体で展開している保険会社もあります。