ご希望の保険会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

保険の玉手箱
保険会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

保険会社情報

天候デリバティブ保険の特徴



「天候デリバティブ保険」をご存知でしょうか。火災保険や医療保険のようなよく知られる保険がある一方で、一般に馴染みのない保険も数多く存在します。ここでは一風変わった「天候デリバティブ保険」の概要やその特徴を説明していきます。

天候デリバティブ保険とは

天候デリバティブ保険とは

「天候デリバティブ」とは、気象現象によって発生するリスクを契約の対象とするものです。この保険は、1997年アメリカのエンロン社によって提案されています。天候の変動によって生じる企業の収益の低下を補償する保険となっています。例えば、気温、湿度、降雨量、降雪量、風速、台風など、条件となる値を設定し、その基準値を上回る、または下回った場合に補償額を支払うシステムとなっています。

天候デリバティブ保険の特徴
この天候デリバティブ保険は、法人の天候リスクに対応することを目的としています。そのため、個人または個人事業主は利用できないというのが特徴的です。

天候デリバティブ保険の発展

天候デリバティブ保険を提案したエンロン社は、エネルギー会社です。エンロン社は、冷夏の場合、冷房の需要が落ち込んでしまうため、収益が上がりませんでした。また、暖冬だと収益が低迷してしまうアメリカ北部のエネルギー会社がありました。それぞれの企業が、冷夏や暖冬によって発生した収益の落ち込みをサポートし合う、これが天候デリバティブ保険のはじまりとなっています。

日本における天候デリバティブ保険の発展
日本市場における天候デリバティブ保険が発展したのは、四季による気象現象の変化が明確であることや、降水量が多いことが理由として挙げられます。また経済規模の大きさや、各企業のリスクマネジメントに対する意識が高まっていることも、発展に拍車をかけています。

天候デリバティブ保険を活用する企業、業種

基本的に天候デリバティブ保険は、天候に左右されやすい企業や業種が対象となっています。例えば農業関連をはじめ、食料品、飲料関係の企業や業種が挙げられます。また、季節や気候によって需要の変動するエアコンなどの家庭用電化製品、衣料、スキーやプールなども、保険を活用しています。さらに、屋外レジャー施設、観光事業や野外ライブなどの屋外イベント、航空、電力・ガスのインフラ関係の企業や業種まで、多種多様です。日本では花火大会が毎年開催されていますが、雨天によって中止されるケースがあります。その様な場合、主催が天候デリバティブ保険を活用することで、収益が下がってしまうリスクを軽減させることができるのです。