ご希望の保険会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

保険の玉手箱
保険会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

保険会社情報

履行保証保険



建築工事にかかわる履行保証保険について、概要や公共工事との関連など、注意点を含めて紹介します。

履行保証保険概要

履行保証保険概要

履行保証保険は、建築工事の請負者などの債務者が保険契約者となり、発注者である債権者を被保険者として保険契約を結びます。請負者が、建築工事という債務を履行しなかった場合に、発注者が被る損害が補償されます。

公共工事と履行保証保険

民間の工事では、発注者側に履行保証保険への加入を求められるのは、大規模な工事の場合などです。公共工事では、ほとんどの場合、履行保証保険か他の手段にて履行を担保することが受注の要件となっています。

履行保証の方法

公共事業を受注するにあたっては、会計法または地方自治法にて、契約保証金を納付することが義務付けられています。契約保証金に代わる保証措置として、履行保証保険や履行ボンド、国債などの有価証券の提出、保証会社や銀行による保証が認められています。履行保証保険の場合には、保険会社の発行する保険証券を発注者である国や地方公共団体に提出します。

金銭的保証と役務的保証

履行保証には、金銭的保証と役務的保証があります。金銭的保証とは、工事が続行できない場合に発注者に金銭を支払うことによって、保証債務を履行します。役務的保証とは、発注者に金銭を支払うか、あるいは、代替の工事業者に工事を続行させるかのどちらかの方法で保証債務を履行します。公共工事では、金銭的保証と役務的保証のいずれかの履行保証を求められます。

履行保証保険と履行ボンドの違い

履行保証保険は、請負者が倒産などで工事を続行し債務を提供することができなくなった場合、保険会社が保険金を支払うことで損害を補償し、金銭的保証にあたります。これに対して履行ボンドは、保険会社は、連帯して債務を履行し、役務保証にあたります。発注者に金銭的保証を求められた場合には、履行保証保険、履行ボンドのどちらでも利用できますが、役務的保証を求められた場合には、履行保証保険では、対応できません。

履行保証保険を利用する注意点

履行保証保険では、通常、請負金額の10%の保険金額の保険に加入する必要があります。履行保証保険は、融資的意味合いの強い損害保険ですので、あらかじめ与信枠を設けておく必要があります。公共工事を落札する前にあらかじめ、保険会社に対して、与信枠設定の手続きをしておきます。また、落札の翌日が契約予定日や、工事の初日にあたることもありますので、落札当日に保険を申込まなければ、間に合わないことがあります。