ご希望の保険会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

保険の玉手箱
保険会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

保険会社情報

宇宙人誘拐保険



海外ではジョークとも思えるような珍しい保険を売り出すことがあります。イギリスで発売された「宇宙人誘拐保険(Alien abduction insurance)」もそのひとつ。宇宙人マニアでなくても気になる、この「宇宙人誘拐保険」について説明しましょう。

宇宙人誘拐保険とは

宇宙人誘拐保険とは

この保険はイギリスの保険会社GRIP(Good Rebecca Ingrams Pearson)により発売された保険です。宇宙人に誘拐されたり、食べられてしまったり、妊娠させられてしまったりした場合に補償するというものです。妊娠に関しては、宇宙人の技術の面を考慮し、男性も加入することができるとしていました。宇宙人に食べられたことなどを証明するのは難しいですが、「宇宙人誘拐保険」は実際にイギリスの保険会社GRIPの商品として存在していました。150ドルの掛け金で補償金100万ドル以上と、掛金に対する補償の大きさでも話題となり、2万人から3万人が「宇宙人誘拐保険」に加入していました。なかには女優や、大学教授、またカルト教団の信者などが含まれていたと言われています。また「宇宙人誘拐保険」が実際に適用されたケースがあり、ロンドンの電気事業者が30分以上宇宙人に誘拐されたとして、実際に補償が支払われました。

宇宙人誘拐保険の取り扱い中止

イギリスで話題を呼んだ保険会社GRIPの「宇宙人誘拐保険」ですが、保険加入者であるカルト教団(The Heaven's Gate religious group)が集団自殺するという事件が起こりました。これは自殺した全員が、自殺する前日に「宇宙人誘拐保険」に入っていたことが分かり、現在では宇宙人誘拐保険は取り扱っていません。

宇宙人誘拐保険以外にも驚きの保険の販売

イギリスの保険会社GRIPでは、「宇宙人誘拐保険」以外にも特徴的でユニークな保険があります。エイリアンではなくネッシーのようなUMAに襲われることに対する保険である「ネス湖にいるネッシーに襲われることが心配な人向けの傷害保険」や、「吸血鬼や狼男に噛まれ、自分自身が吸血鬼や狼男になってしまうことが心配な人のための傷害保険」、「処女懐胎した聖女マリアのようになることが心配な人のための傷害保険」などです。いずれも個人の信教観の違い、信仰心の強さなどの主観面の強い保険を販売していました。

アメリカにもあった宇宙人誘拐保険

アメリカ・フロリダにある保険会社でも、宇宙人誘拐保険を取り扱っていると話題になっています。万が一誘拐されたら、1,000万ドルが受け取れるというもので、実際ニューヨーク州に住む2人が保険金を受け取っているとされています。