ご希望の保険会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト保険会社リサーチ

保険会社情報

一般的な保険の販売方法



生命保険や損害保険などの保険商品は、どのような方法で販売されているのでしょうか。保険商品を取り扱う会社によって、注力している販売方法やノウハウは異なりますが、売り方の種類には大きな違いはありません。保険商品の一般的な販売方法について、詳しく見ていきましょう。

3種類の販売方法

3種類の販売方法

保険商品の一般的な販売方法は、「電話での販売」「通信販売」「訪問での販売」の3種類です。顧客のニーズや地域の特色など、状況に応じて最適な方法が異なります。

電話での販売

インターネットが普及する前は、主流だったのが電話販売です。電話での販売には「勧誘型」と「問合せ型」の2種類があります。

「勧誘型」の方法は、販売員が見込み顧客へひたすら電話をかけて、勧誘を行なうものです。与える印象や効率が悪く、固定電話の台数減少や個人情報の取り扱い問題などにより、さらに効果が厳しくなっています。

「問合せ型」は電話受信から保険商品の説明や契約を行なう方法です。テレビCMなどの広告を見た顧客からの連絡を受ける形のため、非常に効率が良い方法です。保険会社ではニーズがある顧客を取りこぼさないように、気軽に問合せできる窓口として大規模なコールセンターを設置しています。

インターネットなどを利用した通信販売

スマートフォンやタブレット端末の普及によってインターネットが手軽に利用できるようになり、通信販売での成約件数もさらに増加しています。各保険会社のホームページやアプリには、ユーザーが保険を選びやすいように工夫されたコンテンツが並んでいます。訪問しやすいアイテムやデザインで、保険に対する不安の払拭にも一役かっています。電話や訪問での一方的な勧誘に比べると、興味を持った人が疑問をインターネット上で解決して契約できるため、成約率が高くなるのが特徴です。自分に合った保険をホームページ上で見付けて、そのまま契約することもできます。日中は忙しくて時間が取れない人や販売員から直接説明を聞かなくても大丈夫という人には、来店の手間がかからないところも魅力です。

訪問での販売

訪問での販売は、地方のコミュニティでは根強い販売方法です。保険の販売員が地域の方と顔見知りのケースも多く、必要なときに販売員に声がかかり訪問、販売する場合と、とにかく新規の家々を訪ねて回る飛び込み営業があります。顔見知りの場合は、顧客と販売員との信頼関係で成り立っており、販売員は顧客のライフイベントをキャッチすることで、「押し売り」にならずに、最適な保険商品の提案が行なえるというメリットがあります。