ご希望の保険会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト保険会社リサーチ

保険会社情報

保険代理店



保険代理店は、保険会社とユーザーの間のパイプ役となる会社のことです。保険のプランをユーザーに対して提案、販売したり、ユーザーに代わって保険会社に保険金の請求を行なったりします。ここでは、保険代理店のメリットやデメリットなど、その特徴について紹介をします。

保険代理店に求められるもの

保険代理店に求められるもの

保険代理店は、保険会社の代理人である一方で、ユーザーの代弁者でもあります。2つの立場をこなす保険代理店に求められる要件はどのようなものでしょうか。保険契約は、知識のない人にとっては大変複雑で、自分で適合不適合を判断することが難しいものです。そこで、保険代理店の職員には、保険の内容を熟知しておくことはもちろん、ユーザーの望むことや現況によって、最適な保険商品を提案することが求められます。近年では、電話やインターネット上だけで契約が完結するというシンプルな保険も様々出てきています。しかし、高額な費用が関係する商品だけに、対人で契約を結ぶ方が安心できると言う声も多くあります。

保険代理店のメリット、デメリット

保険代理店で保険に加入することには、次のようなメリット、デメリットがあります。そもそも、良い代理店の担当者に出会えるかどうかというところで、かなり左右されてきますので、実際の保険代理店選びは慎重に行ないたいものです。

メリット1 信頼関係を築き、様々な相談ができる

対面での相談や契約のメリットは、この点が最も大きなところです。特に地域密着のサービスを展開している代理店であればなおさらで、より身近な存在として、必要なときに気軽に相談できたり、親身なサポートを受けたりできるようになります。また、保険を一元管理できることもポイントのひとつです。

メリット2 専門家のアドバイスが受けられる

「保険の仕組みがよく分からない」という人でも、代理店を介していれば不明なことや疑問点をすぐに専門家に聞くことができます。ライフスタイルの変化に合わせた保険の見直しや、新たな契約などに際して、自分をよく知る人にアドバイスを受けられるということはとてもプラスなことです。

デメリット 保険料が割高となる

保険会社との間に1社挟んでいることになるので、当然コストが余計にかかり、サービス料も割高になります。最近では代理店を通さず、インターネットを介して直接契約できる保険などもありますが、やはりそういったサービスは保険料が割安になっています。対面での信頼関係を重視するか、コストや手軽さを重視するか、判断が難しいところです。