ご希望の保険会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

保険の玉手箱
保険会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

保険会社情報

ソニー生命の特徴



ソニー生命保険株式会社は、大手企業のソニー株式会社のグループが管理している金融機関です。2008年には、個人保険の新契約が全国で5位までに上昇した程の大手企業です。ライフプランナーが一人ひとりに合っている保険をオーダーメイドで提案するというスタイルで経営しています。

会社設立のきっかけ

会社設立のきっかけ

ソニー生命の会社設立のきっかけは、1976年にアメリカの生命保険会社であるプルデンシャルのマクノートン会長が来日した頃に遡ります。当時ソニー株式会社の創設者の一人である盛田昭夫は、ソニーグループにも金融機関を持ちたいと考えていました。その後1979年に、ソニー株式会社とザ・プルデンシャル・インシュアランス・カンパニー・オブ・アメリカとの合併出資で「ソニー・プルデンシャル生命保険株式会社」が設立されました。

会社概要

会社設立は1979年8月、本社は東京都港区にあり、現在の代表取締役社長は井原勝美氏です。全国に97の支店と5営業部、20営業所を持ち、従業員はおよそ6,000名です。

会社理念

ソニー生命の行動指針は、「計画」「共創」「プロフェッショナル」「社会」の4つの約束としています。約6,000名の従業員のうち、約4,000名がライフプランナーとして働いており、常に顧客に満足されるよう合理的で質の高いサービスの提供を目標としています。

サービス概要

ソニー生命で契約できる保険サービスの種類は、終身保険、定期保険、養老保険、医療保険、特定疾病保険、がん保険、学資保険、年金保険、介護保険、変額保険などがあります。その他にも、「人生とお金」「住宅とお金」「教育とお金」「老後とお金」「生命保険とお金」などの、顧客の理想とするライフプランを実現するため、ライフイベントに合わせたセミナーを随時実施しています。

過去のニュース

ソニー生命に関する過去のニュースを紹介します。

2007年ソニー生命とエイゴン共同の保険子会社設立

2007年にソニー生命とオランダの大手保険会社であるエイゴンが共同で保険子会社を設立することで合意しました。この子会社では、個人向けの変額年金保険商品を開発し、ソニー生命の他銀行窓口で販売することとなりました。

2012年そらべあ発電所の寄贈

ソニー生命では特定非営利活動法人「そらべあ」の活動を応援しています。「そらべあ」の活動のひとつとして、幼稚園の屋根に太陽光発電装置「そらべあ発電所」を寄贈する「そらべあスマイルプロジェクト」があります。ソニー生命ではこのプロジェクトに賛同し、2012年に石川県の聖愛幼稚園に「そらべあ発電所」を寄贈しています。