ご希望の保険会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト保険会社リサーチ

保険会社情報

損保ジャパンの特徴



損害保険ジャパン株式会社は、「3メガ損保」のひとつ、NKSJホールディングス株式会社の傘下企業であり、日本有数の規模を誇る損害保険会社です。他の損害保険会社と異なり、先に「損害保険」の文字が付く社名が特徴で、複数の損害保険会社が合併して発足した会社です。

会社の成り立ち

損害保険ジャパンは2002年に安田火災海上保険と日産火災海上保険が合併してできた会社です。また合併の数ヵ月後には経営再建中の大成火災海上保険を吸収合併しています。安田火災海上保険は損害保険会社の再編が始まる以前の1990年代まで、東京海上火災保険に次ぐ業界2位の損害保険会社でした。一方の日産火災海上保険は中堅の損害保険会社でした。この合併での損害保険ジャパン発足後も、損害保険業界はさらに再編が進みました。東京海上ホールディングスMS&ADホールディングスとの差を縮めるため、損害保険ジャパンは2010年に日本興亜損害保険と経営統合しています。この経営統合で持株会社NKSJホールディングスを設立し、その子会社となりました。なお、2014年(平成26年)9月1日に損害保険ジャパンと日本興亜損害保険が合併し損害保険ジャパン日本興亜株式会社となりました。

商品について

損害保険ジャパンは合併前の安田火災海上保険由来の、営業力が極めて強い会社です。自動車保険では日産グループとの協力関係が強く、強い代理店営業力もあり、大きなシェアを確保しています。そしてみずほ系のため、法人顧客も多く確保しているなど強い顧客基盤を持っています。ネット通販型の自動車保険では、NKSJホールディングスの傘下にセゾン自動車火災保険そんぽ24損害保険があります。また、生命保険では、NKSJひまわり生命保険と損保ジャパンDIY生命保険があります。

プロモーション

損害保険ジャパンは、合併前の安田火災海上がバブル期に購入したゴッホの絵画「ひまわり」でも知られています。58億円という購入金額が話題となった「ひまわり」ですが、現在でもテレビCMに登場するなど、損害保険ジャパンにとってシンボル的存在になっています。広告へのタレントの起用も多く行ない、上戸彩、奥田民生、Mr. Childrenなどが起用されています。また、損害保険ジャパンの系列では、セゾン自動車火災保険の「おとなの自動車保険」、損保ジャパンDIY生命保険の「1年組み立て保険」はマスコミへの露出を多く行なっています。