ご希望の保険会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト保険会社リサーチ

保険会社情報

朝日火災海上保険の特徴



朝日火災海上保険株式会社は、日本の損害保険業界では小規模な会社で、野村證券系の野村ホールディングスの連結子会社です。個人向け、法人向けに様々な種類の保険商品を備えています。なお生命保険会社として朝日生命保険がありますが、資本提携などの関係はありません。

会社の成り立ちと概要

会社の成り立ちと概要

朝日火災海上保険は1951年に野村證券、大和銀行(現りそな銀行)、第一銀行(のちの第一勧業銀行、現みずほ銀行)などにより設立されました。2011年に野村ホールディングスの連結子会社となっており、経営管理面では野村ホールディングスの影響を強く受けています。本社は東京都千代田区にあり、2013年現在、従業員は601名、代理店は3,566店、資本金は51億5,315万円です。子会社に、朝日火災ビジネス・サービス株式会社があります。

経営理念

朝日火災海上保険は損害保険事業を通し、お客様が心から満足し感動するサービスの提供、社員の人材育成と成長、誠実な行動と社会貢献を行なうことを経営理念として掲げています。

商品について

朝日火災海上保険は個人向け、法人向けどちらの商品についても幅広い種類の保険商品を販売しています。火災保険、自動車保険に特化しており、専門性や質の高い特徴的な商品があります。火災保険で特徴的な商品として、一般的な掛捨型ではなく、積立型の「スーパージャンプ」という保険があります。保険事故のない場合は満期の返戻金以外に契約者配当が受け取れ、保険金額が年々増額するなどのメリットがあります。自動車保険では、「車両地震特約」を付けることで一般的には保障されない地震や津波、噴火による損害に対しても補償がされるなどの特色ある特約があります。他にも個人向けであれば傷害保険や、定評のある国内外の旅行保険、ゴルファー保険があります。企業向けには賠償責任保険などがあります。インターネットなどダイレクト通販については実施しておらず、様々な会社と提携することで商品の販売を行なっています。火災保険についてはハウスメーカーと提携し、旅行保険については旅行会社との提携をしています。

プロモーションとホームページ

朝日火災海上保険はテレビCMなどの広告を実施していません。様々な会社との提携や募集活動を中心に販売を行なっています。自社ホームページでは、地震保険について説明しているコンテンツや、「環境に優しいWEB約款」という各保険の約款が確認できるコンテンツが用意されています。また、「お客様の声」コンテンツではお客様からの意見への対応事例が挙げられています。