ご希望の保険会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

保険の玉手箱
保険会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

保険会社情報

大災害時の保険支払



地球上に住んでいる限り、大規模な自然災害に巻き込まれないとは言い切れません。日頃からできる範囲で備えをしておくとともに、どんな種類の保険が、何をどこまで保障してくれるのか、しっかりと確認しておく必要があります。

「大災害」が指すもの

「大災害」が指すもの

ここで取り上げる「大災害」とは、地震や津波、噴火、雷などの自然災害のことを指しています。通常の火災などであれば火災保険で十分ですが、発生原因が自然災害へと範囲が広がった場合、その損害は火災保険では補償されないので注意が必要です。

地震保険

大きな自然災害に適用される保険のひとつに、地震保険があります。名称は「地震保険」ですが、地震の他にも噴火、津波などの被害、そして地震、津波を原因とする火災、損壊、埋没、流失に関しても保険金が支払われるケースがほとんどです。例えば、「地震による火災で家が焼失」「地震によって家屋が倒壊」「津波によって家が流失」などのケースが代表的な支払い対象です。地震保険に加入していれば、この保険金が被災直後の生活を支える原資となります。

地震保険の対象とならないケース

自然災害による被害であっても、保険金支払いの対象外となるケースもあるので、注意が必要です。まず、地震などの場合は、発生日から被害を受けた日までの期間が長くなると、保険金が受け取れない場合があります。また、地震がひとつのきっかけとなったとしても、紛失や盗難による損害は補償されません。

地震保険の支払金額

地震による被害を受けた際、どの程度の被害かによって支払われる保険金の額が変動することがあります。例えば、地震によって家が全壊した場合、半壊した場合、一部が壊れた場合、それぞれで支払われる額には差が出てきます。これらの取り決めは保険会社各社によって差がありますので、事前にしっかりと契約内容を確認しておくことが必要です。

世界における「大災害」

日本で自然災害と言えば、「地震、噴火、津波」という定義が一般的ですが、当然、世界各国によってこの定義は変わってきます。例として、タイとドイツの場合を紹介します。

タイの場合
タイで「自然大災害保険基金」がカバーする「大災害」とは、洪水、地震、暴風の3つとなっており、これらの災害による被害が発生した場合に保険が支払われることになっています。
ドイツの場合
ドイツで自然災害保険の対象となっているのは、洪水、地震、地滑り、地盤沈下、雪崩、噴火です。