ご希望の保険会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト保険会社リサーチ

保険会社情報

値段で比較する際の注意点



以前は生命保険、損害保険とも建前は保険会社が料率を決定することになっていながら、実質的には各社横並びの料率を使用しており、値段での比較はほぼ無意味でした。しかし最近ではリスク細分型の保険が増えたことにより、各社の料率は横並びと言えない状況になっています。

損害保険の場合

損害保険の場合

私達にとって身近な損害保険の種類に、自動車保険があります。外資系や新規参入の保険会社も多く、インターネットでの検索で多くの情報を得ることができるようになりました。保険料の見積もりもインターネット上でできるため、保険料の比較も可能です。単に保険料を比較する場合は、大手損保の自動車保険は非常に割高となり、安さを重視するのなら、もはや選択肢にはなりえません。しかし、自動車保険の場合、自分がいくら注意していても、事故に見舞われる危険が絶対にないとも言えないため、事故対応をしっかりしてくれる保険会社を選ぶ必要があります。大手損保の代理店を通して自動車保険を契約する場合は、事故の対応について心配する必要はないですが、インターネットで格安な新興保険会社と契約する場合、付帯サービスについてよく調べることはもちろん、口コミ等で悪い評判が立っていたりしないかを確認しておきましょう。

生命保険の場合

大手生命保険会社の場合、以前と同様に料率のばらつきはほとんどありません。しかし第三分野においてはリスク細分型の保険が増加しているので、医療保険やがん保険の場合はきちんと保険料の比較をしておきましょう。また、生命保険の場合は契約期間が長期にわたるため、貯蓄性を持った商品が多く、満期保険金やお祝い金といった給付金の内容を理解しておく必要があります。さらには毎年1回割り当てられる配当金の取り扱いについても確認が必要です。配当金の金額は保険会社によって異なりますが、どちらかと言うと横並びの傾向が続いています。ただ、加入の際に配当金という仕組みそのものをなくした無配当型の保険もあり、こちらは配当がない分だけ保険料が割安になっていますので、生命保険の貯蓄性を必要としない人はこちらのほうが向いています。生命保険の場合、事故対応というのは基本的にはなく、入院や死亡といった保険事故が発生した場合に所定の書類を揃えて保険金や給付金を請求するだけですので、あまり付帯サービスを意識する必要はありません。

保険会社の選択

損害保険や生命保険など、保険会社間で少しずつ保険料のばらつきが出てきており、値段での比較が可能になってきました。インターネットでもいくつかの保険会社を比較できるサイトがあり、値段で加入する保険を決めるという選択の仕方もあります。また、大手生保のセールスレディや大手損保の代理店へ赴いて実際に契約内容や保険内容を聞いてしっかり把握したうえで決めることも大切です。価格を重視するのか、保険内容を重視するのか、状況に合わせてインターネットの比較サイトを上手に使うと良いでしょう。